はじめに

サプリメントだけでなく、化粧品や日焼け止めなど様々な商品が出ているコエンザイムQ10。
今や、非常に有名な成分の一つです。
しかし、実際コエンザイムQ10とはどのような物質なのでしょうか。

コエンザイムQ10は1950年代に発見されたものの、日本では心臓病の治療薬として研究されていたため、あまり知名度は高くない物質でした。
一方、アメリカなどでは、早い段階でコエンザイムQ10の持つ高い能力をサプリメントにも活かそうと研究・開発されていました。
2001年、日本でも薬事法の食薬区分の改正により、コエンザイムQ10がサプリメントとして市場に出回ると、一大ムーブメントとなりました。

コエンザイムQ10は、人間の体内の細胞一つ一つに存在する物質です。
人間のエネルギーの源であるATPという物質を作るのをサポートする働きや、細胞の老化を抑える働きがあります。
これらの働きにより、美容、健康、病気の改善など様々な効果が期待できるのです。

もともと人間の体内に存在し、生産されているコエンザイムQ10ですが、20代をピークにその生産能力は衰え、体内のコエンザイムQ10は減少していってしまいます。
そのため、歳を重ねていくほど、コエンザイムQ10を外側から積極的に補うことが非常に重要になってくるのです。
そうはいっても、「たくさんあってどれを買ったらいいのかわからない!」という人も多いのではないでしょうか。
コエンザイムQ10にはいくつかの種類があり、商品によっても効果や吸収率が大きく異なります。
また、間違えた選び方、摂り方をしていると、コエンザイムQ10のの能力が全く発揮されず、効果が実感できないかもしれません。


このサイトでは、コエンザイムQ10のもたらす様々な効果、正しい選び方や、より効率的な摂り方などを紹介しています。
「コエンザイムQ10を始めてみたい」
「コエンザイムQ10について詳しく知りたい」と考えている人はぜひ参考にしてください。
コエンザイムQ10について正しい知識を身につけ、より若々しく、より健康的な毎日を送りましょう。

ページの一番上に戻る