コエンザイムQ10という名称の由来

コエンザイムQ10の名前の由来は?

美容や健康にいいとされるコエンザイムQ10。
サプリメントや化粧品など様々な形で目にする機会があります。
そんなコエンザイムQ10は、なぜ「コエンザイムQ10」と呼ばれているのでしょうか。

まず、コエンザイム(coenzyme)というのは、英語で「補酵素」を意味します。
補酵素とは、名前の通り、体の中の代謝や消化などを促す「酵素」の機能を補ってくれる物質のことです。
コエンザイムQ10以外に、ビタミンやミネラルにも補酵素が多く存在します。
補酵素は体の生命活動を行う酵素が正常に活動するために欠かせない重要な物質なのです。

そしてQ10ですが、Qはキノン(quinone)のQからきています。
これは、コエンザイムQ10がキノンと呼ばれる化学構造を持つことに由来します。
そして、10というのはコエンザイムQ10が分子中のイソプレノイド鎖を10個持っていることを表しています。
コエンザイムQ10と基本構造が同じでも、イソプレノイド鎖の数が9個だった場合「コエンザイムQ9」になり、6個だった場合は「コエンザイムQ6」とイソプレノイド鎖の数に合わせて数字の部分も変わっていきます。

コエンザイムQ10は人間だけが持つ物質ではありません。
しかし、基本構造が同じでも生物の種によって分子中に持っているイソプレノイド鎖の数が違います。
人間や、その他の多くの鳥類や哺乳類などの生物はこのイソプレノイド鎖の数が10個なので、コエンザイムQ10を有しているのです。
パン酵母や大腸菌などもコエンザイムQを持っていますが、イソプレノイド鎖は6個なのでコエンザイムQ6を有していることになります。

ページの一番上に戻る