コエンザイムQ10の健康効果(血流改善)

目次
  1. 血流が悪くなる原因
  2. 血行不良で起きる症状
  3. コエンザイムQ10の血流改善効果
血流が悪くなると、全身に栄養や酸素などうまく供給されず、体に様々な影響が出てしまいます。
また、血行不良を放置しておくと、脳梗塞など命に係わる病気につながることもあります。
実はコエンザイムQ10には血流を改善し、血行不良によって起きていた症状を緩和する効果があるのです。

血流が悪くなる原因

血流が悪くなっている主な原因は、心臓・血管または血液の機能低下です。
血行不良が起こる場合、

  • 心臓のポンプ機能が低下している
  • 血管が細くなっている
  • 血液がドロドロになっている
などの症状が体の中で起きていることが考えられます。

これらの症状の要因は様々です。
例えば、生まれつき心臓が弱い場合、病気の場合だと、心臓がしっかりと全身に血液を送ることができず、低血圧になったり、貧血のような状態になったりすることが多いです。
それ以外にも、栄養の偏った食事をしていたり、日ごろから運動不足だったりするとドロドロの血液になったり、血管が細くなってしまったりします。
また、強いストレスやホルモンバランスの乱れなども心臓に負担をかけ、血流が悪くなってしまうのです。

血行不良で起きる症状

血行不良になると、体に色んな不調が現れ始めてしまいます。
一部の例として、以下のような症状があげられます。
肩こり・腰痛
血行不良になると、筋肉に十分な酸素が行きわたらなくなります。
酸素不足の筋肉は疲労や老廃物を蓄積し、その結果、肩こりや腰痛を引き起こしてしまいます。
むくみ
血流がよい状態であれば、むくみは自然と解消されていくものです。
しかし血行不良の状態だと、体内の水分がスムーズに流れず一部に滞ってしまい、慢性的なむくみになってしまうのです。
冷え性
全身に血液が回らないことで、体の体温が下がって冷え性になります。
冷え性が悪化すると、内蔵や筋肉の機能が低下したり、血行不良をさらに進行させたりしてしまいます。
このほかに、めまいや立ちくらみなどの貧血によく似た症状が起こることがあります。
また、血流が悪くなっていると脂肪を分解する能力も低下して太りやすい体質になってしまいます。
さらに、血行不良は悪化すると動脈硬化や心臓疾患、脳梗塞など命に係わる重大な病気になってしまうのです。

コエンザイムQ10の血流改善効果

コエンザイムQ10には、エネルギー生産効率を上げ、より多くのエネルギーを作り出す能力があります。
コエンザイムQ10は、体のあらゆる場所に存在する物質ですが、特に量が多い場所が心臓です。
心臓は体内で最も多くのエネルギーを使う場所なので、十分な量のコエンザイムQ10があると、心臓の活動は活発になります。
心臓のポンプ機能も強化され、全身に血液をおくることができるようになるのです。
また、コエンザイムQ10は血管が錆びて血管が老化してしまうのを防ぐ効果があります。
このように、コエンザイムQ10は血流の改善にも非常に高い効果を持った成分なのです。

コエンザイムQ10は、非常に高い能力を持った物質ですが、体内での生産量は年齢とともに減少していってしまいます。
サプリメントなどでコエンザイムQ10を摂取して血流改善に役立てましょう。

ページの一番上に戻る