健康効果(冷え性)

「秋、冬の季節になると、手足が冷えて眠れない」など、冷え性で悩んでいる人は少なくありません。
最近では、季節を問わず常に冷えを感じている人や、男性の冷え性も増加しています。
昔から「冷えは万病のもと」といわれていますが、冷え性を放置していると体調不良を引き起こしたり病気を発症したりする危険性があるのです。
コエンザイムQ10を活用して、そんな危険な冷え性を改善していきましょう。

冷え性の原因と症状

冷え性は、冷えやすい体質というだけで起こるものではなく、基本的に体温の低下や血行不良が原因となって起こる症状です。
体温の低下や血行不良の主な原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 筋肉量の低下(皮下脂肪の増加)
  • 自律神経の乱れ
  • 体を冷やす食事や服装をしている

この他にも、食べ過ぎや喫煙習慣、冷暖房なども低体温・血行不良を招き、冷え性へと繋がります。

「体が冷える」ということは、筋肉や内臓が正常に機能せず熱が作られていない・血流が悪く全身に熱を運べていない状態ということです。
つまり、冷え性は、体の機能が低下している、不具合が起きているというサインでもあるのです。
最初は手足の冷え程度の症状でも、放置していると生理不順や不眠、免疫力の低下など健康に支障を来たすようになってしまいます。
さらに、免疫や代謝が低下することで、アレルギーや風邪の悪化や生活習慣病、がんのリスクが高まってしまうのです。

コエンザイムQ10で冷え性改善

血行を良くしたり内臓機能を向上させたりすることで、体温が向上し、体の隅々まで熱が届くようになり、冷え性が改善されていきます。
コエンザイムQ10は、血流改善効果や内臓機能向上効果があるため、冷え性の改善に非常に役立つ存在なのです。

コエンザイムQ10は、心臓の機能を向上させる働きがあり、心疾患の薬として使用されていたこともあります。

心臓のポンプ機能が向上すると血流が改善され、体から作られた熱が全身へ届くようになるのです。
さらに、コエンザイムQ10を摂取することで基礎代謝が向上するため、筋肉や内臓の機能が向上し、体温の高い体を作っていくことが可能になります。

また、冷え性の改善のためには、毎日の生活でも適度な運動や正しい食生活を習慣づけたり、ゆっくりお風呂に使ったりと体を冷やさないよう工夫をすることが大切です。
自分から暖かい体作りを意識して行わないと、せっかくコエンザイムQ10を摂取していてもその効果を十分に実感できません。
日常生活でも体を冷やさないよう対策を取り、コエンザイムQ10を有効活用して冷え性を解消していきましょう。

ページの一番上に戻る