コエンザイムQ10の健康効果(いびき改善)

目次
  1. いびきのメカニズムと原因
    1. 肥満
    2. 加齢
    3. 疲労
  2. いびきを改善してくれるコエンザイムQ10
寝ている間のいびきは、自分ではなかなか気づかないものですよね。
昔は、「いびきはぐっすり眠っている証拠」と言われることもありました。
しかし現代では、いびきは疲れや肥満、病気など体に何らかの不調が起きているサインであることがわかっています。
そんないびきの改善にも、コエンザイムQ10が役立つのです。

いびきのメカニズムと原因

いびきの大きさや音、連続性は個人差がありますが、その発生のメカニズムは基本的に同じです。
いびきは、眠っているときに吸い込んだ空気が喉を通るときに鳴る振動音です。
空気の通り道である「上気道」が何らかの原因で狭くなっていることで、空気が振動し、いびきが起こるのです。
上気道が狭くなっている原因は個人によって様々ですが、主な原因として以下のものがあげられます。

肥満

いびきの原因として最も多いのが「肥満」です。
太ってくると、体に脂肪がくだけでなく、首回りやのどの内側にも脂肪がついてきます。
喉周りの脂肪が増得れば増えるほど、気道はどんどん狭くなりいびきにつながってしまうのです。
また、肥満体型の人は首、のど以外にも舌にも脂肪がつきやすくなっています。
舌にも脂肪がついていれば、さらに気道は狭くなり、大きないびきにつながります。
さらに、仰向けで寝ていると肥大した舌がのどの奥に下がり、気道をふさいでしまうこともあります。
気道がふさがれてしまうと、いびきだけでなく睡眠時無呼吸症候群のリスクが一気に高まってしまいます。

加齢

若いころはいびきとは無縁だったのに、50代、60代と年齢を重ねていくにつれていびきをかくようになった人も少なくありません。
実は、加齢もいびきの原因のひとつなのです。
加齢によって首やあご、のど周辺の筋力が低下すると、気道が狭くなり、いびきをかくようになってしまいます。
また、女性は加齢と共に女性ホルモンの分泌量が減るため、基礎代謝が落ちてさらに筋力が低下してしまうのです。
首やのどだけでなく、あごの筋肉が衰えると、寝ている間に口呼吸をしてしまいます。
口呼吸は、あごが下がり気道を圧迫するため、大きないびきにつながるのです。

疲労

普段はいびきをかかないのに、疲れているときだけいびきをかいてしまうという人もいます。
疲れもいびきの原因の一つです。
疲れているときは、疲れを解消しようと体がいつも以上に酸素を摂り入れようとして、口呼吸になってしまいます。
さらに、疲れにより筋肉が弛緩し、気道が狭くなっているのでいびきをかきやすくなってしまうのです。
疲れが原因のいびきは、疲れが取れれば解消されていきますが、ひどいいびきが続くようだと酸素が不足し疲れがどんどん溜まっていってしまいます。

いびきを改善してくれるコエンザイムQ10

様々な原因でおこるいびきですが、その改善にコエンザイムQ10は非常に効果的なのです。
コエンザイムQ10の能力の一つに、エネルギー生産能力があります。
それにより筋肉の働きが良くなると、筋力の低下で狭まっていた気道が正常になり、空気がスムーズに通っていくのです。
気道が広がれば、空気が気道で振動することもなく、いびきを抑えることができます。
また、疲労回復の効果もあるため、疲れからくるいびきを解消し、質の高い睡眠につながります。
さらに、コエンザイムQ10を摂取し続けると基礎代謝量が上がるため、いびきの原因の一つである肥満解消をサポートしてくれるのです。

いびきは人によって原因や程度が様々です。
寝方を変えてみたり、いびき解消グッズを使ってみたりしてもなかなか改善されないというひとも多いのではないでしょうか。
コエンザイムQ10は、体の内側からいびきの改善をサポートしてくれます。
いびきに悩んでいる人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ページの一番上に戻る