コエンザイムQ10の健康効果(免疫改善)

目次
  1. 免疫とは
  2. 免疫力が低下すると
  3. 免疫力を向上させるコエンザイムQ10
現代では、ストレスや運動不足、食生活の乱れ、化学物質などが原因で多くの人が免疫力の低下に悩まされています。
免疫力が低下すると、風邪やインフルエンザ、ガンなど様々な病気になる危険性が高くなってしまいます。
健康な生活のためには、免疫力を高めることが非常に重要なのです。
コエンザイムQ10には、免疫力の低下を防ぐだけでなく、免疫力を向上させる効果が期待できます。

免疫とは

免疫とは、細菌やウイルスから体を守ってくれる機能のことです。
私たちの体内には、免疫を担当している免疫細胞という細胞が何種類もあり、それらが協力しあって働いています。
免疫細胞は、体の外から侵入したウイルスやカビなどの病原体や、体内に発生したがん細胞などの異常細胞を攻撃し、体の健康を守ってくれているのです。

免疫細胞は血液やリンパ液に乗って体中をめぐっています。
正しい食生活や適度な運動などの規則正しい生活ができていれば、血流が良くなり体温が上昇し、免疫細胞は働きやすくなります。
逆に、生活習慣が乱れていると、血流は停滞し体温が低下して免疫細胞の能力が低下しウイルスや細菌の活動が活発になってしまうのです。

免疫力が低下すると

免疫力は、一般的に20代から30代をピークに迎え、その後は加齢とともに低下していきます。
それ以外にも、食生活の乱れや、運動不足、過労やストレスなど様々なことが免疫力低下の原因となってしまうのです。
以下のような症状が出る場合は、免疫力が低下しているかもしれません。

  • 体温36度以下
  • 下痢もしくは便秘が続いている
  • 肌が荒れる
  • 疲れが取れない
  • やる気が出ない

免疫力が低下すると、ウイルスや細菌が体内で繁殖しやすい状態になってしまいます。
それにより、ウイルス性の風邪やインフルエンザなどに罹ってしまったり、ガンや肺炎などの命に係わる病気になったりしてしまうことも考えられます。

免疫力を向上させるコエンザイムQ10

免疫力をあげるためには、体温を上げることで免疫細胞の活動を活発にしなくてはいけません。
体温が1度上がることで、免疫力は5~6倍も向上するのです。
コエンザイムQ10はエネルギー生産能力を高めてくれる物質です。
エネルギーが大量に作られることで心機能が向上し、全身の血行が良くなり体温も上がります。
さらにエネルギーが全身に行きわたることで疲れにくい体になり、免疫低下で起きる倦怠感や疲労感といった症状の改善も期待できます。

また、コエンザイムQ10は細胞の老化を防ぐ抗酸化作用も備えています。
加齢やストレスなどが原因で、細胞を老化させる活性酸素が増加し、免疫細胞も老化させてしまいます。
老化した免疫細胞は正しく機能することが出来ず、免疫力は低下していってしまうのです。

コエンザイムQ10などの抗酸化作用をもった成分を摂取することで、免疫細胞の老化を防ぐことが出来ます。
特にコエンザイムQ10には高い抗酸化能力があるので、より効果的に活性酸素の増加を抑え、細胞の老化を防いでくれるのです。

免疫力を向上させ、さらに免疫力の低下を防いでくれるコエンザイムQ10。
しかし、コエンザイムQ10の体内生産量は加齢とともに低下していってしまいます。
さらに、食材に含まれるコエンザイムQ10の量も非常に少ないため、サプリメントなどで意識的に摂取していくことが大切です。
サプリメントでコエンザイムQ10を補い、免疫力を向上させ、ウイルスに負けない体を作っていきましょう。

ページの一番上に戻る