コエンザイムQ10による病気の予防・改善(メタボリックシンドローム)

目次
  1. メタボリックシンドロームとは
  2. メタボリックシンドロームと生活習慣病
    1. 肥満
    2. 高血圧
    3. 高血糖
    4. 脂質異常症(高脂血症)
  3. メタボリックシンドロームに有効なコエンザイムQ10
メタボリックシンドロームと聞くと、「太っている人のこと」という風に考えている人も少なくありません。
実はただの肥満の問題だけではなく、様々な病気の危険性をはらんだ大変危険な状態なのです。
命の危険が訪れる前に、コエンザイムQ10を摂取して、メタボリックシンドロームを予防しましょう。

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪症候群と呼ばれ、複数の生活習慣病が重なってしまっている状態のことを指しています。
単に肥満状態であるということだけでは、メタボリックシンドロームとはいえません。
日本では、ウエスト周囲が、男性85cm女性90cm以上で高血圧・高血糖・脂質異常症のうち2つに当てはまる場合、メタボリックシンドロームと診断されます。
40代以降の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム該当者または予備軍であると考えられています。

メタボリックシンドロームは、肥満、高血圧や高血糖、脂質異常症などの生活習慣病が互いに影響しあって病状が進行します。
生活習慣病をどれか一つ患っているだけでも、健康な人の5倍以上も心臓病の危険度が増大してしまいます。
メタボリックシンドロームになった人は、複数の生活習慣病を抱えているため、35倍以上も心臓病の危険度が増大するといわれているのです。

メタボリックシンドロームと生活習慣病

すでに述べたように、メタボリックシンドロームは肥満体型に加えて、複数の生活習慣病が併発している状態のことをいいます。
それぞれ症状に差はありますが、いずれも過食、アルコールの大量摂取、運動不足などの生活習慣の乱れが原因で発症します。
では、それぞれの症状について詳しく見ていきましょう。

肥満

メタボリックシンドロームに大きく関わってくる肥満は、「内臓脂肪型肥満」と呼ばれる肥満です。
内臓脂肪が溜まっている状態で、お腹がポッコリと張ったように出ているのが特徴です。
内臓脂肪が増えると、血糖値の低下を阻害する成分や、血圧を上げる成分が放出されます。
太っているだけでは病気とは言えませんが、肥満はあらゆる生活習慣病のリスクが高まっている危険な状態なのです。

高血圧

血液が血管に過度の圧力をかけている状態を、「高血圧」といいます。
高血圧は心臓や血管に強い負荷がかかるため、様々な疾患の原因になります。
また、高血圧が長く続くと、血流の圧力に負けないように血液を送り出そうとした心臓は肥大していきます。
心臓が大きくなっていくほど高血圧は悪化し、命に関わる病気に進行してしまうのです。

高血糖

体内の余分な糖が血液中に溜まり、必要以上に血糖値が高まっている状態を高血糖といいます。
進行していくと糖尿病になり、心疾患や脳梗塞だけでなく、神経障害や網膜症、腎不全など様々な病気へと発展していく恐れがあります。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症とは血液中の脂質(特にコレステロールや中性脂肪)が増えた状態のことをいいます。
生活習慣病のなかで認知度が低く軽視されがちな症状ですが、他の生活習慣病と同じように大変危険な状態です。
脂質異常症に自覚症状は無く、放置し続けることで脳卒中や心疾患などを引き起こしてしまいます。

メタボリックシンドロームに有効なコエンザイムQ10

メタボリックシンドロームは、自分で生活習慣を改めていかなければ、症状が繰り返される可能性があります。
薬で症状を抑えても、不規則で不摂生な生活をしているようでは、また別の生活習慣病になってしまう可能性もあります。
糖質を抑えたり、アルコールを控えたりといった食生活の改善以外にも、適度な運動が必要です。

そのようなメタボリックシンドローム改善の際、非常に役に立つのがコエンザイムQ10なのです。
コエンザイムQ10にはエネルギー生産能力があるため、基礎代謝が上がり脂肪の燃焼効果を高めてくれます。
ただ運動をするだけでなく、コエンザイムQ10を摂取して運動をすることで、効率よく内臓脂肪を減らすことが出来るのです。

さらに、コエンザイムQ10は、活性酸素の働きを抑える抗酸化物質としての能力も備わっています。
活性酸素は増えすぎると体内でのコレステロール値を高めたり、血管や心臓を弱らせたりと生活習慣病を進行させてしまう恐れがある物質です。
コエンザイムQ10などの抗酸化物質は、活性酸素の働きを抑え血管や心臓を守ってくれます。
また、コエンザイムQ10には心臓の機能を強化する能力もあるので、メタボリックシンドロームで弱ってしまった心臓をサポートしてくれる効果も期待できます。
活性酸素を抑え、心臓を強化することで生活習慣病の併発のリスクが下がり、メタボリックシンドロームを予防してくれます。

メタボリックシンドロームは薬だけで一時的に治しても、原因である生活習慣を改めていかないと何度も繰り返されてしまいます。
規則正しい食生活、適度な運動のサポートとしてコエンザイムQ10を活用するようにしましょう。

ページの一番上に戻る