人体中のコエンザイムQ10

人間の体とコエンザイムQ10の能力

コエンザイムQ10というと、サプリメントや健康補助食品のイメージが強いですが、コエンザイムQ10はもともと人間の体内に存在している物質です。
臓器、血液、筋肉など人体のあらゆる部分にコエンザイムQ10は存在し、健康な成人であれば体内におよそ700mgのコエンザイムQ10を持っています。

エネルギー作成

人間が生きていくのにはエネルギーが必要不可欠です。運動をするのはもちろんのこと、呼吸するのにもエネルギーが使われます。
人間が生活しているのも、体内の細胞がこれらのエネルギーを絶えず作り続けているからです。
コエンザイムQ10は、「エネルギー生産」に大きく関わっているのです。 体内でエネルギーを作っているのは、細胞の中にあるミトコンドリアという小器官です。
呼吸や食事によって得られた栄養が細胞を通してミトコンドリアに入り様々な変化を起こしてエネルギーを作っていきます。
この過程で、ビタミンやミネラルとともに、多くの酵素、補酵素と呼ばれるものがミトコンドリアの働きを助け、エネルギー生成の効率を上げてくれます。
コエンザイムQ10はその補酵素の一つで、ミトコンドリアがより多くのエネルギーを作るのを助けているのです。

抗酸化作用

コエンザイムQ10のもう一つの重要な働きに「抗酸化作用」というものがあります。
呼吸で得られた酸素は人間の身体にとって必要不可欠なものですが、エネルギーを作る過程で酸素の一部は活性酸素と呼ばれる物質に変化します。
活性酸素は体の免疫の効果で細菌やウイルスをやっつけてくれる大切な物質です。
しかし、増えすぎると体内の細胞を弱らせてしまうのです。
体内ではこの活性酸素に対抗するために、活性酸素を無害化させる「抗酸化物質」というものを作り出します。
コエンザイムQ10もこの抗酸化物質の一つです。
さらにコエンザイムQ10は、単独では抗酸化物質として活動できない物質の手助けもしてくれる物質でもあるのです。
コエンザイムQ10は、私たちの元気で健康的な生活のために欠かせないものなのです。

ページの一番上に戻る