コエンザイムQ10が不足すると

コエンザイムQ10不足は生活の質の低下につながる

コエンザイムQ10は、体の機能を高める働きを持つ物質です。
「生命の維持に絶対に必要!」という物質ではなく、体から無くなったからと言って死んでしまうわけではありません。
ただ、健康的で元気な生活を送るにあたり、コエンザイムQ10は非常に重要な存在となってくいるのです。

コエンザイムQ10には、エネルギーの生産を助ける、活性酸素から細胞の老化を防ぐなどの働きがあります。
そのため、コエンザイムQ10が不足すると、エネルギー生産の効率が悪くなるので、疲れやすくなり倦怠感を感じるようになってしまいます。
さらには、細胞の老化が進むことで免疫力が衰え病気になりやすくなり、アレルギーや生活習慣病などの疾患も促進されてしまうこともあるのです。
細胞の老化が進めば、皮膚も再生されにくくなるため、肌の調子も悪くなってきます。

毎日を規則正しく、健康的に過ごしている若い人ならば、コエンザイムQ10は不足することもないため補う必要はありません。
しかし、加齢やストレスなどを理由にコエンザイムQ10はすぐに減少していきます。
コエンザイムQ10が不足すれば、倦怠感や疲労感を増加させ、毎日の生活の質が低下してしまうのです。

また、現代人の中には半健康や半病人の人がたくさんいます。
ストレス社会に生き、休んでいても疲れが取れなかったり、生活習慣病を患っていたりと健康に何かしらの問題を抱えている人は少なくありません。
それらの健康問題を解決するには、体内で多くのエネルギーが必要になり、不足していくコエンザイムQ10を積極的に補わなくてはいけません。
現代に生きる私たちの健康上の問題を解決するために、コエンザイムQ10について知り、摂取していくことは非常に大切なことなのです。

ページの一番上に戻る