コエンザイムQ10の働き(心臓の収縮力を高める)

心機能とコエンザイムQ10

もともと、コエンザイムQ10は「うっ血性心不全」など、心臓病のための医薬品として研究されていました。
コエンザイムQ10は心臓の機能向上に非常に効果的な物質なのです。 心機能を強化することで、全身への血の巡りがよくなりさまざまな効果が現れます。

コエンザイムQ10は、体のほぼすべての細胞に存在します。
その中でも、特に活発に活動している場所にはより多くのコエンザイムQ10があるのです。
そして、体内で最も多くのコエンザイムQ10が存在しているのが「心臓」です。
心臓は常に活動し続け、一日に10万回以上も収縮、弛緩を繰り返し、全身に血液をいきわたらせています。
この作業には多くのエネルギーを必要とするため、エネルギー生産の補助をしているコエンザイムQ10もたくさん必要になってくるのです。
心臓が活発に動いていると、全身に血液がいきわたって血行が良くなり、細胞も活性化していきます。
細胞が活性化することで活力がみなぎり、活き活きとした毎日をおくることができます。

さらに、血行が良くなることで低血圧、むくみ、冷え性も改善されます。
女性の多くが悩んでいるという低血圧、むくみや冷え性ですが、頭痛や肩こり、疲労や下痢といった症状につながることもあります。
また、血液の循環が悪いために起こってしまう立ちくらみやめまいなども心機能が強化されることで解消されていきます。

コエンザイムQ10を十分に摂取することで、心臓のポンプが強くなり心臓は元気に動いてくれるのです。
心臓の元気を保つことができれば、心不全などの心臓病の予防や血行改善にもつながります。
毎日の健康、そして病気のリスクを減らすためにもコエンザイムQ10を十分に摂取するようにしましょう。

ページの一番上に戻る