子どもはコエンザイムQ10を摂っても良いか

子どもの持つコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、健康な体づくりに非常に効果的な物質です。
「健康のために自分の子どもにも摂取させたい!」と考えている方もいるかもしれません。
そこで気になるのが、コエンザイムQ10は子どもが摂取してもよい物質なのかどうかです。

コエンザイムQ10はもともと体内で生産されている物質です。
20代をピークに、加齢やストレスによって生産機能が衰え、体内の含有量も減っていきます。
そのため、20歳未満の子どものうちは体内に十分なコエンザイムQ10が存在し、その生産機能も衰えることはありません。
子どもでも、病気にかかった際などにコエンザイムQ10の量が減ることがありますが、それでもすぐ元に戻る程度です。
それを考えると、子どものうちからコエンザイムQ10を摂取する必要はないといえます。
何より、コエンザイムQ10を子どもが摂取した際の安全性は、まだ十分に解明されていません。
子どものうちからコエンザイムQ10を過剰に摂取してしまうと、成長してから生産機能が落ちる、という説もあります。
コエンザイムQ10はもともと体内に存在している成分なので、通常量であれば子どもでも摂取して問題はないといわれています。
しかし、まだデータは不十分なので、子どもへの摂取は避けたほうがいいでしょう。
どうしても摂取したい場合は医者に相談して、成分や量に気を付けながら摂取するようにしましょう。

コエンザイムQ10は確かに健康補助食品として優れた機能を持っていますが、子どもの過剰摂取は好ましくないでしょう。
20歳未満の子どもの場合は、バランスのとれた食事と十分な睡眠時間で体の機能を上げることが何よりの健康法です。

ページの一番上に戻る