酸化型コエンザイムQ10とは

酸化型コエンザイムQ10

コエンザイムQ10にはいくつかの種類があります。
その中でも広く普及しているのが「酸化型コエンザイムQ10」です。

酸化型のコエンザイムQ10は「ユビキノン」とも呼ばれているオレンジ色の物質です。
人間の体内にはこの「酸化型」と「還元型」のコエンザイムQ10が存在しています。
実は、エネルギー生産や抗酸化作用などの働きをするのは還元型コエンザイムQ10の方なのです。

酸化型コエンザイムQ10は、小腸から吸収され、リンパ管に移行する過程で還元型のエンザイムQ10に変換され、体内で活用されます。
この変換する能力は加齢とともに落ちていくため、酸化型コエンザイムQ10は摂取していても、年齢を重ねるにつれ効果が薄れていくように感じるのです。
また、酸化型は全てが還元型に変換されるのではありません。
吸収過程で還元型に変換されなかった一部の酸化型コエンザイムQ10は、そのまま吸収されることなく体外へ排出されてしまいます。
そのためサプリメントなどでは、酸化型コエンザイムQ10に相乗効果のある成分を混ぜたり、カプセルに工夫をしたりして体内への吸収率を上げているものが多いです。

コエンザイムQ10が一般に広まった当時は、酸化型コエンザイムQ10が主流でした。
研究が進み技術が発達するにつれて吸収性の高いタイプも開発されていきますが、酸化型は作りやすく値段が安いため利用者も多いです。
「とりあえず始めてみたい」、「値段が高いと続けられない」と考えている人なら、この酸化型コエンザイムQ10がいいでしょう。

ページの一番上に戻る