通信販売でコエンザイムQ10を購入する

目次
  1. 通信販売の注意点
    1. 返品は可能か
    2. 広告は適切か
  2. まとめ

通信販売とは、テレビ、新聞、ネットなどのメディア上で商品を展示し、それらを見た消費者からのメールや電話による通信で商品の販売がなされる方法です。
(ネット通販については、ネット通販でコエンザイムQ10を購入するでさらに詳しく説明しています。)
コエンザイムQ10などのサプリメントは、通信販売だと店舗販売よりコストが抑えられるため、安く購入することができるのです。

通信販売の注意点

コエンザイムQ10は、サプリメントや化粧品など様々な形で商品になっています。
テレビや新聞の広告などでもよく目にするのではないでしょうか。
家にいながら買い物ができる通信販売は大変便利ですが、気を付けなくてはいけない点がいくつかあります。
購入した後に後悔しないよう正しい知識を身に着けてから購入しましょう。

返品は可能か

通信販売だと、商品が届いてからでないと実物を確認できないので、購入後に返品を考えることもありますよね。
実は通信販売でクーリングオフ制度は適用されず、返品の対応は業者によって異なるのです。
クーリングオフ制度は、突然の訪問販売や電話勧誘などでしつこくせまられ、冷静な判断がないまま不意打ち的に購入してしまった場合に適用されます。
通信販売は、購入はあくまで個人の自由であり購入までに判断するゆとりがあると判断され、クーリングオフ制度は範囲外なのです。

未開封の状態での傷や変形など、商品の不具合の場合には基本的に返品が可能です。
しかし、イメージと違う・使用したけど自分に合わない、といった自己都合での返品に対応しているかどうかは事前に確認しておかなくてはいけません。
商品がきれいな状態でも梱包材を捨ててしまったために返品を受け付けてくれない、というケースもあります。
さらに業者によっては、返品自体は受け付けていても返金はできない、という場合もあり、対応のしかたは様々なのです。

コエンザイムQ10などのサプリメントは、通信販売だと店舗販売よりコストが抑えられるため安く購入することができます。
どこまで返品が可能なのか、返品時の送料はどちらが負担するのかなど、返品の条件は購入前に確認し、購入後も商品の取り扱いは丁寧に行いましょう。
また、返品について記載がされていない場合は、原則として商品到着8日以内であれば返品できますが、送料は購入者の負担となります。

広告や宣伝文句は適切か

通信販売の広告では、よく「絶対に痩せる!」などの極端に断定的な文言を目にしますが、広告の内容が必ずしも真実であるとは限りません。
商品の性能や値段が非常に優れているかのように誤認してしまうような誇大広告は法律で禁止されています。
過度な表現をしているように感じたら、広告で謳っていることに合理的な根拠や裏付けがあるのか、様々な方面から調べてみましょう。

また、健康食品などの通信販売で「今だけ半額〇〇円!」といったお得そうな広告もよく見かけます。
そういった広告には、小さい文字で「定期購入契約の方のみ」などと書かれていて、それに気づかず購入し、定期購入の契約をさせられてしまった、というケースがあるのです。
安くなっているからとお試し感覚で購入した商品を買い続けなくてはいけないというのも納得がいきませんよね。
広告は商品をよく見せるためのものですが、そこだけで判断して購入してはいけません。

まとめ

通信販売を利用する際は、よく注意して購入しないと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。
通信販売での定期購入は気に入った商品を、在庫の心配なく安定して継続購入できるのが魅力の一つです。
特にコエンザイムQ10は継続して摂取することが必要なので、通信販売での定期購入はとても便利です。
ただ、自分に合った商品が見つかるまでは広告や購入条件にしっかりと目を通し、慎重に購入を見極めるようにしましょう。
何かトラブルが起きてしまったら、国民生活センターに相談してみましょう。
ページの一番上に戻る