コエンザイムQ10の副作用

目次
  1. 副作用とは
  2. コエンザイムQ10に副作用は無い
  3. コエンザイムQ10の注意すべき点
現在、化粧品や健康食品など様々な分野でコエンザイムQ10が含まれた商品が多く販売されています。
コエンザイムQ10は、美容や健康などにおいて高い効果が期待できて、非常に人気の高い成分です。
しかし、そこまで効果のある成分なら、摂取することで体に良い影響ばかりでなく悪い影響もあるのではと不安を感じてしまいますよね。
コエンザイムQ10の副作用の有無と安全性についてしっかり理解して、安心してコエンザイムQ10を摂取しましょう。

副作用とは

「副作用」とは、医薬品を使用した際に、目的としている作用以外に現れる効果・症状のことを指します。
風邪薬で眠気が起きたり、鼻炎の薬で喉が渇いたりといった経験がある人も多いのではないでしょうか。
そのような、薬を飲むことで本来の目的とは別に起こる眠気、吐き気、アレルギー反応なども副作用の一つです。
また、「副作用が起こるのは医薬品だけ」と思っている人もいますが、サプリメントなどの健康食品でも副作用が起こることはよくあります。
医薬品、健康食品など、自分が口にするものについて正しい知識を持ち、正しく活用することが大切です。

副作用の発生や程度には個人差があり、同じ薬でも副作用の出る人、出ない人がいます。
医薬品だけでなく、サプリメントや健康食品なども自分との相性を考えてから摂取するようにしましょう。
副作用が出た場合には、一度摂取を中止し、どのような症状が出たか記録して医師に相談すると良いでしょう。

コエンザイムQ10に副作用は無い

実は、コエンザイムQ10に副作用はほとんど無いとされています。
コエンザイムQ10が原因と思われる健康被害が起きたという報告はほとんどありません。

もともとコエンザイムQ10は体内で生産されていて、体のあらゆるところに存在する物質です。
肝臓や心臓など人間の重要な臓器にもコエンザイムQ10は含まれているため、摂取することで拒絶反応が起こることは無いと考えらえられます。
胃腸が弱い人が、一度に大量に摂取することで腹痛や下痢を起こす場合もありますが、製品の用法・量を守っていれば、副作用がでる可能性は極めて低いでしょう。

コエンザイムQ10の注意すべき点

コエンザイムQ10に副作用がないからといっても、摂取する際に注意しなければいけない点はいくつかあります。
コエンザイムQ10のサプリメントでは、製造過程で添加物を入れたり、効果を高めるためにほかの成分も含まれたりしています。
それにより、コエンザイムQ10そのものには副作用はなくても、それに含まれている添加物や成分によって副作用やアレルギー反応が出てしまうことがあるのです。
コエンザイムQ10を選ぶ際には、添加物など原材料に注意して購入するようにしましょう。

また、他の薬やサプリメント、漢方との飲み合わせでそれぞれの効果が弱まったり、副作用が起きたりしてしまう可能性もあります。
すでに薬を医師から処方されている場合、コエンザイムQ10と一緒に別のサプリメントなど摂取したい場合は医師や薬剤師に相談しましょう。

コエンザイムQ10は副作用がなく、非常に安全性の高い成分です。
しかし、安全だからと自分の判断で摂取量を過度に増やしたり、有害な添加物が一緒になった製品を摂取し続けたりするのは大変危険です。
コエンザイムQ10は用法・用量を守って使用するようにしましょう。

ページの一番上に戻る