コエンザイムQ10は脂肪分と一緒に摂る

コエンザイムQ10は、基本的に脂溶性の物質です。
脂溶性の物質は油に溶け、水には溶けない性質を持っています。
そのため、コエンザイムQ10は脂肪分と一緒に摂ることで効率的に体内に吸収されるのです。

人間の体内では、ほとんどのものが水に溶けることで腸への吸収をスムーズにしています。
油の多い食べ物は水に溶けないので、腸への吸収が悪いのです。
しかし、まったく吸収されないわけではありません。

食べ物を食べると胆のうから胆汁酸が分泌されて、脂溶性の物質を溶かし乳化することで水に溶けやすくしてくれます。
身近な例で挙げると、マヨネーズはお酢と油でできていますが、お酢と油をそのまま混ぜても分離してしまいますね。
そこに卵黄という乳化剤を加えることで、油が乳化してお酢と混ざり合いマヨネーズになります。
これと同じようなことが、体内でも行われるのです。
胆汁酸のおかげで水に溶けやすくなった脂溶性の物質は、少しずつ体内へ吸収されます。

脂肪分と一緒にコエンザイムQ10を摂取すると、脂肪分の持つ油や食事により分泌される胆汁酸が、脂溶性であるコエンザイムQ10の吸収を助けてくれます。
油や胆汁酸のない状態でコエンザイムQ10を摂取しても、体内に吸収されず、効果が実感できません。
効率よく摂取するためにも、コエンザイムQ10は脂肪分と一緒に摂取することをおすすめします。

ページの一番上に戻る