食事中・食後にコエンザイムQ10を摂る

コエンザイムQ10は一般的に食事中・食後に摂ることが望ましいです。
コエンザイムQ10は脂溶性の物質で、油に溶け、水には溶けません。
空腹時は体内で油を溶かす役割をもつ胆汁酸が分泌されていないので、コエンザイムQ10は体内で溶けないまま、吸収されることなく便と一緒に体外へ排出されてしまいます。
さらにごく稀にですが、おなかの弱い人が空腹時にコエンザイムQ10を摂取して、胃腸が刺激され下痢や空腹を起こしてしまうということもあります。
コエンザイムQ10はもともと体内に存在し生産される物質なので、ほとんどの場合摂取していて健康を害することはありません。
しかし、空腹時にコエンザイムQ10を摂取しても、体内に吸収されないだけでなく体調を壊してしまう場合もあります。
体内で十分な胆汁酸が出ていない、食間や就寝前など摂取は避けたほうが良いでしょう。
ページの一番上に戻る