継続してコエンザイムQ10を摂る

目次
  1. コエンザイムQ10を継続して摂取するために
    1. 摂取する時間を決める
    2. 目立つ場所に保管しておく
    3. 目標を定める
  2. まとめ

コエンザイムQ10を継続して摂取するために

コエンザイムQ10は体への吸収がとても遅い物質です。
摂取を初めてから実際に体に変化があったと感じるまで平均で2週間、人によっては一ヵ月でやっと効果が感じられるようになったという人も少なくありません。
また、吸収が遅いため毎日ではなく何日かに一回など気まぐれに摂取していても、体は急激に変化することはありません。
そこで、コエンザイムQ10を継続して摂取できるポイントをいくつか紹介します。

摂取する時間を決める

コエンザイムQ10の摂取のタイミングを一定にして習慣化するように心がけましょう。
食事の時間に携帯のアラームが鳴るようにしておけば、出先でも忘れることなく決まった時間に摂取できます。
一回分の摂取量を小分けにして保存しておくと、気が付いたときすぐに飲めるので事前にやっておきましょう。
一度飲み忘れてしまったからといって、翌日に忘れた分を一気に摂ろうとするのは体によくありません。
食事をしたらコエンザイムQ10を飲む、という風に生活の習慣と組み合わせておけば自然と習慣化されます。

目立つ場所に保管しておく

バッグの中にしまったままにしていたり、目立たないところに保管したりしていると、サプリメントの存在を忘れがちです。
食事をする机の上、歯を磨く洗面台など、生活の中で必ず目にするような場所に置いておくとサプリメントの存在に気づきやすくなります。
一回分の摂取量を小分けにして保存しておくと、気が付いたときすぐに飲めるので事前にやっておきましょう。
毎日、生活していて必ず視界に入る場所に保存しておくことで、飲み忘れを防ぎましょう。

また、目立つ場所に置いておくことで何日分残っているかなど残量が確認しやすくなります。
気が付いたら飲み切ってしまい、買いに行くのを忘れたままやめてしまったということも少なくありません。
目に入る場所においておけば残量の管理もしやすいです。 サプリメント通販で定期購入をすると自分で買いに行く手間がなくなるので楽に続けられます。

目標を定める

ただ何となくで摂取を始めたのではモチベーションが上がらず途中で摂取をやめてしまいます。
目標を定めて気長に続けるようにしましょう。
「頭痛が改善されるまで」「今より健康になるまで」など、漠然とした目標でも摂取を続けるモチベーションが違ってきます。
また、摂取したらカレンダーに印をつける、など日々の努力を目に見える形で記しておくとやる気もわいてきます。 目標を定めることで健康への意識も高まり生活が改善されていけば、コエンザイムQ10の効果も上がります。

まとめ

コエンザイムQ10は継続して摂取することで効果が実感できるようになります。
気が向いたときに摂取するだけでは、体に変化は訪れません。
将来の健康のことを見据えて、毎日継続して地道に摂取することが一番効率の良いコエンザイムQ10摂取方法なのです。
毎日の習慣の中に取り入れ、長期的に摂取できるようにしましょう。
ページの一番上に戻る